中川循環器科内科

住所 松山市苞木甲8-1
(JR粟井駅から徒歩3分)
TEL 089-994-1004
診療科目 内科 、 循環器内科
診療時間
 
午前
午後

午前 9:00〜12:30 /午後 14:00〜18:00

●OSAS部門の初診は、水曜午前中を除く
●予約優先 ●往診対応可

休診日 木・土曜午後、日曜、祝日
駐車場 約15台
HP http://n-osascenter.milkcafe.jp/

紹介

スリープラボでは、終夜、睡眠状態を観察する検査を行い、結果をもとに翌日から治療を開始
▲スリープラボでは、終夜、睡眠状態を観察する検査を行い、結果をもとに翌日から治療を開始

CPAP療法で用いる装置、マスク、エアチューブの例。装置は家庭で睡眠時に用いるタイプのほか、旅行等で携帯できるサイズのものも
▲CPAP療法で用いる装置、マスク、エアチューブの例。装置は家庭で睡眠時に用いるタイプのほか、旅行等で携帯できるサイズのものも

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の
簡易・精密検査、治療を実施

 睡眠中に断続的に呼吸が止まる状態を繰り返し、眠りが妨げられる「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」。当院ではOSAS※部門を設け、簡易検査のほか、確定診断のために入院して精密検査を行うことができるスリープラボを設置しています。
 「SASのために十分な睡眠が取れず、日中、仕事の効率が低下したり居眠り運転が誘発されます。また高血圧や心疾患、脳卒中、糖尿病の発症にも関わっています。ご家族から就寝中の大きないびきや呼吸の停止を指摘されたり、日中の強い眠気にお悩みの方は、ご相談ください」と部門長の中川真吾さん。

遠隔モニタリングで改善状態を確認

 治療にはマウスピースを用いる方法のほか、マスクを付け就寝中に一定圧力で鼻から空気を送り、気道を確保して無呼吸を防ぐ「CPAP療法」を実施。使用状況・マスクの装着率・無呼吸の状態をデータ化し、自動で受診医療機関と患者自身のスマートフォンに転送・遠隔モニタリングできるCPAP装置を用いています。
 「院内で毎日の使用状況や症状の変化、睡眠の改善状態が確認できるので、指導管理に生かせます。また、患者さんご自身でも日々の状態が把握できます。
 SASの初診受付は、水曜午前を除く診療時間に行っています。ご相談ください」

※閉塞性睡眠時無呼吸症候群
obstructive sleep apnoea syndrome

ご相談下さい

OSAS部門 部門長 中川 真吾さん
▲OSAS部門 部門長 中川 真吾さん

▶家族にいびきを注意された
▶就寝時、呼吸が止まっていると指摘された
▶起床時の頭痛やだるさ
▶日中、頻繁に居眠りをしていると注意された
▶日中、いつも眠い
▶何度も居眠り運転をしそうになった
▶高血圧が気になる
▶胸やけがする
▶糖尿病と診断された

アクセスマップ

大きな地図で見る

ページ先頭へ