松山笠置記念 心臓血管病院

住所 松山市末広町18-2
(末広町通り、いよてつ髙島屋南)
TEL 089-941-2288
診療科目 内科 、 呼吸器内科 、 心臓血管外科 、 心臓内科 、 感染症内科 、 外科 、 胸部外科 、 放射線科 、 救急科
診療時間
 
午前
午後 ○※

午前 9:00〜12:30 /午後 14:00〜19:00
※木曜午後は14:00〜17:00 

●急患受付

休診日 日曜(祝・祭日は診療します)
駐車場 5台(その他、契約駐車場あり)
HP http://www.kasagi-hosp.jp

紹介

下肢静脈瘤により右下腿のうっ血性皮膚炎を来している状態
▲下肢静脈瘤により右下腿のうっ血性皮膚炎を来している状態

レーザーを大伏在静脈と大腿静脈の合流部まで導き、下方に牽引、レーザーを照射(イメージ)
▲レーザーを大伏在静脈と大腿静脈の合流部まで導き、下方に牽引、レーザーを照射(イメージ)

祝祭日も19時まで診療
下肢静脈瘤の治療には静脈瘤血管内レーザーを採用

 松山市駅の近くの松山笠置記念心臓血管病院は、「インフォームド・コンセントを大切にする」ことを基本理念にしています。
 下肢静脈瘤の治療に尽力する理事長の笠置康さんは、「下肢の静脈には血液が重力によって足先から逆流しないように、弁がついています。その弁が機能しなくなることで、足の静脈に負担がかかり、静脈が浮き出たりする病気が下肢静脈瘤です。
 立ち仕事の方や経産婦の方によく見られる病気で、『足が重い、痛い』、『足がつる、むくむ』といった症状が出ます。外見的な問題で来院される方が多く、女性では洋服選びでお悩みの方も。当院では診断の際に下肢静脈エコーを実施。静脈の弁の逆流、静脈の太さや下肢静脈造影で深部静脈開存の確認などを行った上でレーザー治療に臨みます」と話します。
 同院が行っている『下肢静脈瘤血管内レーザー治療』は、レーザー光を発信する器械に、先端からレーザーを出す細い棒(石英製)を取り付け、この棒を入れたイントロデューサーという管を、病気の原因となる大伏在静脈や小伏在静脈に挿入、レーザー光を照射し、静脈を閉塞させるというものです。
 「下肢静脈瘤でお悩みの方は、ご相談ください」と理事長。

360℃院内見学
https://goo.gl/maps/q3GYb5B5xX82

ご相談下さい

理事長 笠置 康さん
▲理事長 笠置 康さん

▶ 足が青黒い
▶ 足がミミズのように腫れている
▶ 足がつる
▶ 足が重い
▶ 足がかゆい
▶ 足にむくみがある
▶ 仕事中いつも眠い
▶ 睡眠中に寝汗をかく
▶ 夜間何度も起きる
▶ 胸の痛みや圧迫感がある
▶ 動悸・息切れがする

アクセスマップ

大きな地図で見る

ページ先頭へ