はしもと脳神経外科

住所 松山市馬木町2230-1
(中央消防署城北支署 南隣)
TEL 089-989-5959
診療科目 脳神経外科
診療時間
 
午前
午後

午前 9:00〜12:30 /午後 14:30〜18:00

●予約優先(初診・再診どちらも電話による予約可)

休診日 木土午後休、日祝
駐車場 22台
HP http://www.hashimoto-nougeka.com/

紹介

脳の検査で使用する、高磁場MRI装置(1.5テスラ)。いろいろな角度の脳の断面(輪切り)画像が得られ、脳の中の構造や血管状態がわかる
▲脳の検査で使用する、高磁場MRI装置(1.5テスラ)。いろいろな角度の脳の断面(輪切り)画像が得られ、脳の中の構造や血管状態がわかる

一台あたりのスペースに配慮した駐車場
▲一台あたりのスペースに配慮した駐車場

脳血管疾患や認知症の早期発見・予防に努めるクリニック
「頭痛、めまい、しびれ、もの忘れなど、ささいなことでも相談を」

 頭痛、めまい、しびれの症状、脳卒中、脳腫瘍、頭部のケガ、脊椎・脊髄疾患、認知症の診断・治療に対応する「はしもと脳神経外科」。
 脳神経外科専門医(日本脳神経外科学会認定)で院長の橋本尚樹さんは「頭痛、しびれ、めまいでお悩みの方はご相談ください。当院は予約優先ですが、受診当日の検査も可能。結果をその日にご説明できるように努め、まずは患者さんの病気への不安を早く軽減できればと考えています。検査結果や治療法は、できるだけ専門用語を使わず、分かりやすい説明を心がけています」と語ります。
 同院では脳の検査に高磁場MRI装置(1.5テスラ)を導入。さまざまな角度の脳の断面画像から、脳梗塞や脳腫瘍といった病気の早期発見や診断に役立てます。同装置では血管のみを画像化するMRA(血管撮影)検査も実施。脳動脈瘤の有無、血管の狭窄・閉塞、脳動脈硬化の状態を調べます。「脳血管疾患の早期発見のためにも、生活習慣病(高血圧・脂質異常症・糖尿病)の方は、一度脳の検査をご検討ください。脳卒中予防のための生活指導も行っています」と院長。
 「人の名前が出てこない」など、もの忘れが心配な方には認知症診断テストやMRI装置を使った早期アルツハイマー型認知症検査を実施。脳の萎縮度を計測し、年齢が原因か認知症かを診断。原因に沿った治療計画を立てます。

ご相談下さい

院長 橋本 尚樹さん
▲院長 橋本 尚樹さん

▶ 頭痛
▶ めまい・ふらつき
▶ 手足のしびれ・脱力・ふるえ
▶ もの忘れ
▶ 歩行障害
▶ ろれつがまわらない
▶ 言葉が出ない
▶ 二重に見える、見える範囲が狭い
▶ 耳鳴り・難聴
▶ 顔面のけいれん・痛み
▶ 意識消失・けいれん
▶ 頭を打った、ケガをした
▶ 脳の検査をしたい

アクセスマップ

大きな地図で見る

ページ先頭へ