そよかぜ循環器内科・糖尿病内科

住所 松山市室町73-1
(伊予鉄道松山市駅から徒歩10分、伊予鉄道路線バス「県病院前」下車すぐ)
TEL 089-932-1192
診療科目 循環器内科 、 糖尿病内科
診療時間
 
午前
午後

午前 9:00〜12:30 /午後 17:00〜20:30

●予約優先
●14:00〜17:00は、エコー検査・生理機能検査・糖尿病教室・心臓リハビリテーションを実施

休診日 土曜、日曜、祝祭日
駐車場 12台
HP http://www.soyokaze-cvd.jp/

紹介

血液検査室。糖尿病、脂質異常のほか、心臓、肝臓、腎臓の機能に関わる検査・33項目を院内で行え、約1時間で検査結果を出すことが可能
▲血液検査室。糖尿病、脂質異常のほか、心臓、肝臓、腎臓の機能に関わる検査・33項目を院内で行え、約1時間で検査結果を出すことが可能

心臓リハビリテーション室。軽い散歩程度の運動負荷から始められるエルゴメーターを新たに導入。「個々の患者様の心肺機能に応じた運動負荷量で心肺機能の維持・向上を図ります」
▲心臓リハビリテーション室。軽い散歩程度の運動負荷から始められるエルゴメーターを新たに導入。「個々の患者様の心肺機能に応じた運動負荷量で心肺機能の維持・向上を図ります」

生活習慣病の改善や心血管疾患の再発予防に努めるクリニック
夜8時30分まで診察、ホームページでも予約受付可

糖尿病の改善を目指し
管理栄養士と共にアドバイス

 「生活習慣病の一つである糖尿病は自覚症状がないため、健診や採血で初めて糖尿病と診断されるケースが多く、年々患者が増えています」と、糖尿病専門医(日本糖尿病学会認定)、循環器専門医(日本循環器学会)である院長の中村陽一さん。「外見がスリムな人でも、糖尿病にかかる場合があります。食生活や生活習慣が、気になっている方は、ぜひ健診を受けましょう」と、話します。
 糖尿病をはじめとする生活習慣病は遺伝因子と生活習慣の乱れにより発病します。糖尿病の治療は食事療法と運動療法が基本になりますが、テレビや雑誌の情報で体に良いと言われている食品でも、極端に摂りすぎると病状が悪化することがあります。食事のバランスを意識することが必要です。当院では、食事や運動は"継続できること"を目標にして、一人ひとりが体質に合った正しい栄養の摂取を心がけていただけるよう、医師と管理栄養士が、自己管理のサポートをしています。定期的な食事内容の確認や血液検査で、経過観察を行うことはとても重要です。
 また、内服薬では血糖コントロールが不十分な場合はインスリンなどの注射薬を外来で開始することも可能です」と中村院長。

個々の心肺機能にあった
心臓リハビリを提案

 クリニックでは、心臓の病気を発症した方の再発予防や、心肺機能の回復にも注力。心筋梗塞や心臓弁膜症などにより心不全となった方、心臓の手術後・退院後の方に心臓リハビリを行っています。
 「適度な運動は弱った筋力の回復や維持、代謝改善、心臓病の再発予防に役立ちますが、過度な運動は心臓に負担をかけることに。自分の心肺機能にあった運動量を知って、心臓リハビリに取り組むことが大切です。
 また、健康診断で糖尿病や高血圧、メタボと指摘されながらも、そのままにしている方は、気軽にご相談ください。仕事などで日中忙しい方も受診いただけるよう夜は8時30分まで診察しています」と中村院長。

ご相談下さい

院長 中村 陽一さん
▲院長 中村 陽一さん

▶食べているのに体重が減る
▶最近、尿の回数・尿量が増えた
▶最近、妙に喉が渇く
▶健診や人間ドックで糖尿病、脂質異常、高血圧を指摘された
▶HbA1cの値がなかなか下がらない
▶血圧がなかなか下がらない
▶心臓リハビリを受けてみたい
▶息切れや息苦しさを感じる
▶胸の痛みや詰まる感じがある
▶動悸や不整脈を感じる
▶歩くと足が張る

アクセスマップ

大きな地図で見る

ページ先頭へ