医療法人グランセル  佐藤実病院

住所 松山市本町6丁目3-1
(フジ本町店向かい、伊予鉄道本町6丁目電停徒歩3分)
TEL 089-925-5544
診療科目 内科 、 胃腸内科 、 外科 、 大腸・肛門外科 、 リハビリテーション科
診療時間
 
午前 ○※
午後 ○※ ○※

午前 9:00〜12:30 /午後 14:00〜18:30

※水曜午後は17:00まで
※土曜は大腸・肛門外科のみで土曜午後は予約制
●受付は午前、午後ともに診察開始30分前から終了30分前まで
●往診対応相談可
●隔月第1日曜午前中は女性対象レディース・デイ(完全予約)

休診日 日曜、祝日
駐車場 約30台
HP http://www.h7.dion.ne.jp/~satoum/

紹介

経直腸超音波検査では、細長いプローブを用い肛門周囲の筋肉の状態や膿瘍の様子、直腸内部を確認
▲経直腸超音波検査では、細長いプローブを用い肛門周囲の筋肉の状態や膿瘍の様子、直腸内部を確認

写真のような腸内部の立体画像を作成する「CTコロノグラフィー」による大腸がんドック(自由診療、2万5000円)も実施
▲写真のような腸内部の立体画像を作成する「CTコロノグラフィー」による大腸がんドック(自由診療、2万5000円)も実施

お腹とおしりの症状を総合的に診断し、予防医療に注力
土曜や隔月の第一日曜(女性対象)の診察日も設定


 佐藤実病院では、大腸・肛門領域の疾患についての相談・治療や予防医療に注力しています。「大腸と肛門はつながった臓器で、双方から診察、治療をすることが必要だと考えています。例えば大腸がん検診で行う便潜血検査で陽性でも、痔の症状などが出血の原因の場合もあり、病気の特定はできません。診断に、大腸内視鏡などの方法で精密検査を行い、病気の早期発見・予防に努めています」と院長の佐藤公治さん。

 「特に大腸がんは女性の部位別がん死亡率が最も高いがん(※)。早期に自覚症状がないことが多いので、ポリープのうちに対処できるよう、症状がなくても40歳以上の方には3年に1回は大腸がん検診をおすすめしています。検査の結果や症状に応じて、患者さんの日常生活を考慮した治療方法を考えていきます」と話します。

 精密検査には経直腸超音波検査や直腸肛門機能検査を導入。腸が長い・癒着がある、内視鏡で苦痛を伴う方の検査にはCTコロノグラフィーを用います。「もし体の異常や気になるサインがあれば、軽く考えず受診のきっかけにしていただきたいです。院内では番号でお呼びするなど、プライバシーの配慮にも努めています」

ご相談下さい

院長 佐藤 公治さん
▲院長 佐藤 公治さん

▶ お腹が痛い
▶ へそより下の下腹部痛
▶ 左側の下腹部が痛い
▶ 痔を放置している
▶ 出血がある
▶ 肛門内のものが出ている
▶ 痔の痛みがある
▶ 肛門の周りがかゆい
▶ 膿や粘液が出る
▶ 便秘がち、便が硬い
▶ 急に便通が悪くなった
▶ 下痢
▶ 便が細い
▶ 便が漏れる

アクセスマップ

大きな地図で見る

ページ先頭へ