こうの整形外科クリニック

住所 松山市和泉北1-8-5
(国道56号沿い、来来亭和泉北店、南側)
TEL 089-915-5050
診療科目 リウマチ科 、 整形外科 、 リハビリテーション科
診療時間
 
午前
午後 ○※

9:00〜12:30、14:30〜18:30
土9:00〜12:30、14:30〜17:00

※土曜午後は17:00まで
●受付は診療時間終了30分前まで

休診日 水日祝休
駐車場 26台
HP http://kono-seikei.com/

紹介

ウオーターベッドのあるリハビリテーション室。物理療法や運動療法で痛みの緩和を図ったり、運動機能の増強・維持のためのトレーニングを行う
▲ウオーターベッドのあるリハビリテーション室。物理療法や運動療法で痛みの緩和を図ったり、運動機能の増強・維持のためのトレーニングを行う

伊予鉄バス 愛媛朝日テレビ前バス停から徒歩3分の立地
▲伊予鉄バス 愛媛朝日テレビ前バス停から徒歩3分の立地

「痛みの治療・リハビリで、生き生きと活動できるサポートを」
3人の理学療法士が常駐、土曜午後の診療も実施

 こうの整形外科クリニックは、首や肩、肘、腰、膝の痛み・しびれのほか、変形性関節症、ヘルニア、リウマチといった疾患の治療を行っています。院長の河野真介さんは、日本整形外科学会認定整形外科専門医で、「痛みから日常生活が送りづらいとお悩みではありませんか。元気に行動できるよう、治療やリハビリを通してサポートしたいと取り組んでいます。ご相談ください」と話します。
 同院はMRIや超音波診断装置を導入、検査を行っています。ヘルニアや脊柱管狭窄症、腱や靱帯の損傷の診断に用いるMRIはオープン型で、閉所や圧迫感が苦手な方に配慮。超音波検査は筋肉の動きや硬さ、関節や血流の状態を確認、腰痛や関節痛、肩こりの診断に役立てています。
 リハビリテーションにも力を入れており、3人の理学療法士が常駐(2017年7月現在)、筋力増強や関節可動のための運動指導を行っています。
 また、坐骨神経痛の治療に注力。「薬やリハビリ、コルセットのほか、ブロック注射やレントゲン透視下の神経根ブロック注射による治療を行っています。強い痛みにお悩みの方、ご相談ください」と院長。
 このほか、腰椎や大腿骨の骨量を測定・診断する、骨粗しょう症検査も行っています。

ご相談下さい

院長 河野 真介さん
▲院長 河野 真介さん

▶首、肩、腰、肘、膝の痛みやしびれ
▶お尻から脚にかけてのしびれや痛み
▶歩くと脚や腰に痛みが出る
▶肩こり
▶長引く神経痛の悩み
▶背が縮んだ気がする
▶骨粗しょう症が気になる
▶ヘルニアの痛み・しびれ
▶リウマチが気になる
▶手指のこわばり、痛み
▶打撲や捻挫、脱臼、骨折、突き指、肉離れ

アクセスマップ

大きな地図で見る

ページ先頭へ