やまにし眼科

住所 松山市枝松1丁目9-48
(伊予鉄バス 県警察官舎前下車すぐ)
TEL 089-998-2525
診療科目 眼科
診療時間
 
午前
午後

午前 8:30〜12:00 /午後 15:00〜17:00

●月〜水曜・金曜の13:00〜15:00は手術
●予約優先(電話・HPによる予約も可)
●予約外の受付は、各診療時間30分前まで
●月〜水曜・金曜の13:30〜15:00は手術
●予約優先(電話・HPによる予約も可)
●予約外の受付は、各診療時間30分前まで

 

休診日 木・土曜午後、日曜、祝日
駐車場 20台
HP http://www.yamanishi-ganka.com/

紹介

最寄りのバス停「県警察官舎前」までのルート ●松山市駅バス停から18分  8番のりば/10番線・久米駅前行き ●JR松山駅前バス停から27分  3番のりば/10番線・久米駅前行き
▲最寄りのバス停「県警察官舎前」までのルート ●松山市駅バス停から18分  8番のりば/10番線・久米駅前行き ●JR松山駅前バス停から27分  3番のりば/10番線・久米駅前行き

日帰りの白内障・緑内障・硝子体(しょうしたい)手術を実施

網膜硝子体疾患の治療に注力

 枝松エリアの東部環状線沿いにある「やまにし眼科」。白内障や緑内障のほか、網膜剥離や加齢黄斑変性、糖尿病網膜症といった網膜硝子体疾患に対する治療に力を入れています。
 院長の山西茂喜さんは眼科専門医(日本眼科学会認定)で、「白内障および難治性白内障、網膜硝子体疾患、緑内障、翼状片、霰粒腫(さんりゅうしゅ/めいぼ)切開などの日帰り手術を行っています」と話します。このほか、緊急性を要する網膜剥離、網膜下血腫、緑内障発作などの検査・手術にも対応しています。
 「治療は、患者さんの症状のほか、生活状況も丁寧に聞き取りをして、行います。術後の経過のフォローを含め、その方にとって生活に支障のない最善の治療と感じていただけるよう、治療計画をしっかりと立てて実践することを目標にしています」と山西院長。

WEBサイトで診療予約可

 また結膜炎や飛蚊症、眼精疲労、アレルギー性結膜炎、ドライアイなど身近な目の病気の治療を実施し、近視・遠視・乱視・斜視の相談も受け付けています。
 糖尿病網膜症については、「糖尿病で高血糖の状態が続くと血管に負担がかかります。細かい血管が密集する網膜は影響が大きい部位です。成人の失明の原因の一つでもありますので、糖尿病と診断され眼科の受診を勧められた方は、ご相談ください」と呼びかけます。
 同院ではWEBサイトでの診療予約に対応、パソコンやスマートフォンから利用できます。「受診時は、使用中の眼鏡やお薬手帳をお持ちいただけると、スムーズな診察の助けになります」

ご相談下さい

院長 山西 茂喜さん
▲院長 山西 茂喜さん

▶見え方がおかしい
▶物がゆがんで見える
▶視力が急に低下した
▶視野の中心が欠けて見える・暗く見える
▶目がかすむ、光がまぶしい
▶糖尿病と診断された(糖尿病網膜症の定期検診)
▶黒い虫のようなものが動いて見える
▶目の外傷・打撲
▶白内障・緑内障

アクセスマップ

大きな地図で見る

ページ先頭へ